スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

友達との会話に見るそれぞれの国の違い!?【語学学校17日目】

f:id:montana2:20171016105219j:plain

残すところ後2日。

 

本日1コマ目は、学校の外へ出て課外授業!

の予定が…急遽中止。

残念ながら通常授業となりましたが、なかなか面白い内容でした。

 

本日1コマ目は会話の授業です。

いざ、語学学校17日目!!

 友達との会話に見るそれぞれの国の違い!?【語学学校17日目】

 conversación の内容はconversar。

(それぞれの国で)友達とどんな会話をする?と言う内容から、

友達の助言は聞く?

友達は秘密を守ってくれる?

と進んでいきました。

 

私は3人グループ。

1人はウクライナ人男性。もう1人はフランス人女性。

私以外の2人は、私より年上です。

どちらも大人の雰囲気を醸し出し、スペイン語会話力も同程度で、

もちろん私より上手です。

必死に会話を聞き、ついていきます笑。

 

フランス人女性は、友達と、芸術や趣味、政治や宗教について話すそうです。

ウクライナ人男性も、うんうんと、頷いています。

 

私が、日本人は政治や宗教について話すことが少ないよ・・・と言うと、

すぐに¿por qué?

じゃあ何を話すの?

信じられない!と驚いています。

 

この会話を聞いていたスペイン人の先生もかなり驚いたようで、

会話の時間が終了すると、この問題を取り上げることに!!

 

日本では政治や宗教についてあまり話をしないのは本当!?なぜ!?

と、みんなに問いかけます。

 

このクラスには数名の日本人がいます。

Sí sí sí・・

日本でも話す人や考えたりする人はもちろんいるが、友達とは話さない人も多い。

特に若い人は話さないかもしれない。

などと、次々と同じような意見が出てくることに、本当に驚いていました!

もちろん、日本でも話す人がいることも伝えています。

 

今日の話を聞いて、フランス人女性。ウクライナ人男性。

スペイン人の先生が、友達と政治や宗教について話す量よりも、私たち日本人は圧倒的に少ないのだろうなと思いました。

 

スペイン人の先生は、仕事の話もあまりしないと言っていました。

同僚と何を話すの?と生徒に聞かれると、

うーん、と考えてからtodo comida!!笑。

これは先生だけかもしれませんが笑。

でも、友達ともあまり仕事の話はしないと話していました。

 

また、スペイン語の会話スピードの話も。

スペインでは誰かが話終わるか終わらないかくらいのタイミングで、次の人が話し出すのが通常だそうです。会話が終わるのを待つ・・・ということの方が変なようです。

日本で同じことをしたら、人の話を聞かない・・・と言われそう・・・

日本語の語順だと、最後まで話を聞かないと意味が変わることも。

国や言葉による違いも面白かったです。

 

友達との会話一つをとっても、国による違いがあることに驚き、

それぞれの国民性を感じた気がします。

異国の人が混ざって授業を受ける語学学校ならではです。

スペイン語の勉強はもちろんですが、様々な価値観に触れることができる貴重な機会だと、またまた実感しました。

 

あー帰りたくない!笑。

もっとここで勉強したい!笑。

 

すでに寂しい気持ちでいっぱいですが、

いよいよ明日は最終日。

再度、有難みを噛みしめて過ごしたいと思います。

 

以上、スペインへの道。

 

スポンサーリンク