スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

色々な人のスペイン語に慣れる!【語学学校10日目】

f:id:montana2:20170826080844j:plain

語学学校10日目。

 

今日から数日間のみですが、

もう1つ授業を受けることに・・・!!

 

語学学校に来て、通算5人目の先生です。

その授業を受け、色々な人のスペイン語に触れる・慣れることの重要性を感じることができました!

 

いざ、語学学校10日目!!

 【語学学校10日目】

今日から数日間のみ、1日に3コマ受けることになりました。

果たして・・・集中力が持つのか・・・笑。

 

一抹の不安と、新たな授業へのワクワクを抱えて登校!

今日は3人の先生の授業を受けることになります。

 

1人目

本日1コマ目はconversación 会話の授業です。

 

 

以前にお伝えしましたが、このクラスはA2クラス。

私が受講している中で、レベルの高い方のクラスです。

 

この授業の先生は、なかなか味のある先生で面白みがあります笑。

生徒が言ったことや、生徒の反応で自分の想像を超えると

ものすごく笑います。笑

かと言って、すごく賑やかな熱いタイプではなく、味のある・・・という表現がぴったりのような気がします。

 

スペイン語を話す速度は普通に早いですが、

何日か授業を受ける中で、私でも聞き取りやすいと感じています。

 

2人目

2人目の先生は、A1クラスの先生。

 

私が受けた先生の中で、基本的には1番ゆっくりと話してくれていると思います。

かと言って、ゆっくりすぎると言う訳ではありません。

初めて受けた時は、A2クラス(今では受けていない先生)の授業を聞いた後だったので、こんなにもスピードに差があるなんて・・・と衝撃を受けました!

 

後に判明したことですが、私が初日に受けた授業の先生は

学校で1番の早口だったようです笑!!

 

3人目

そして通算5人目の先生!

初心者でもわかりやすいと評判のベテラン先生!!

 

たった1日ですが、授業内容はとてもわかりやすかったです。

本日3人目の先生の授業を受け、色んな人のスペイン語に慣れるのが重要なんだと強く感じました。

 

今までは、話すスピードの違いや、よく使う語句に違いを感じていましたが、

本日、通算5人目の先生の話し方を聞き、発音の違いに気づきました。

 

色々な人のスペイン語に慣れる

色々な人のスペイン語に慣れるのが重要!というのは、こういうことだったのか。と強く感じました。

 

南米系のスペイン人の先生は、少し南米のイントネーションが入っていることもあるようです。

この学校に来て初めての先生がそうでした。

もちろん、あの時の私には、そんな違いを感じることもありませんでしたが笑。

 

また、南米の血が混じっていないスペイン人の先生であっても、

それぞれの出身地によって、多少の差を感じます。

もちろん、これも、明らかに差のある場合だけですが笑。

 

先生個人によって、話し方だけでなく、使用する語句にも違いがあります。

また、クラスによって生徒が使う表現にも違いがあります。

 

例えば・・・

siemprenormalmente

通常ではこうだよ!と言う話をしてくれる時に、よく先生が使う表現です。

siempreを好む先生。

normalmenteを連発する先生。

色々です笑。

 

生徒による違いというのも面白いです。

私を含めて、授業で覚えたスペイン語を即実践に使います!笑

 

なので、同じ授業を受けていると、生徒の使う表現が似てくることも多いんだなぁと感じています。

 

例えば・・・

Creo que ~

~para mi

などなど。

スペイン語でよく使われる表現なのかもしれませんが、

あるクラスでは、自分の意見を言う時にみんな多用しています笑。

 

以前、バルセロナに住んでいる日本人の方と話した時に、

(旦那さんがスペイン人)

いつも言い回しが同じ、表現方法が同じ。

と、言われる・・・と言っていたのですが、

 

こういう事なのかな?と、初めてその意味を感じることができました!

 

 

バルセロナで生活する上でも、スーパーやカフェの店員さん。

色々な人のスペイン語を聞き取る為に、

 

色々な人のスペイン語に耳が慣れる!

ということが、すごく重要だと感じています。

 

表現方法を増やすのは、まだまだ先の話ですが(para mi・・・笑)

覚えた表現を連発しつつ、

色々な人のスペイン語に触れていきたいなと思います!

 

 

 

以上、スペインへの道。 

 

スポンサーリンク