スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

大事件!?シャワーが壊れた!家主不在。どうする!?スペイン語で初めての電話【7日目】

f:id:montana2:20170807154846j:plain

日々、念願のバルセロナに滞在している有り難みを感じながら過ごしています笑!

本日は語学学校7日目。(時間差が生じていますが・・・苦笑)

 

授業終了後、家族で出かける予定・・・

しかし。非常事態を知らせる1本の電話が、、

予定は急変で我が家へ直帰・・・!!

 

さぁ。どうする!?

いざ、7日目。あたふたの一部始終をお伝えします笑。

 

【語学学校7日目】授業終了後の大事件・・・

授業終了後に家族で出かける為、最寄駅で待ち合わせ。

の予定が・・・

 

授業を終えたと同時ぐらいに着信・・・!!

「とりあえず帰って来て」とのこと。

訳を聞くと・・・

「シャワー壊した・・・」

「えっ・・・!?」「壊れたってどういう風に?」

「水が漏れる・・・」

「漏れ続けてるってこと!?水浸し!?」

「今は止まっている。使うと漏れる・・・」

 

こんなやり取りで、あまり状況が掴めないままに直帰することに。

実は、壊れそう・・・と、気にしながら扱っていたのですが、まさか私たちが壊すことになるとは・・・涙。

自力で直せるものなのか。

修理費用は・・・。

怒られるかも・・・。

などなど、色々な考えが渦巻く中、ようやく我が家へ辿り着きました!

 

壊れたシャワーの状況確認

f:id:montana2:20170807151336j:plain

こちらが壊れたシャワー。

破れて(!?)穴が開いています。

 

どうやら、我が子がシャワーが嫌で泣いてしまい、シャワーを振り払うような状態になってしまったようです。

いつも、フックに収まっているシャワーヘッドが急角度で折れ曲がっていて、壊れそう・・・と、シャワーフックに戻す時は、角度に注意して扱っていたのですが・・・。

コツン!と浴槽に当たり、写真の状態になったシャワーは隙間から水が・・・

 

自力で直せるのか!?

・分解し、壊れた部分を確認

・再度組み立てる

・応急処置!?

くるくると分解できる部分を分解し、壊れた部分の隙間が出ないように丁寧に組み立ててみます。

おそるおそるシャワーを出すと、、

さっきよりも漏れる水の量が増えたーーー!!苦笑

 

応急処置でビニールテープを巻く!?

って、そんなもの持ってない・・・

さぁ。どうする。。

 

スペイン語で初めての電話!家主に状況を伝える

・家主に電話

・壊れた部分の写真を送る

・家主から着信

この危機的状況を家主に伝えなければ!!

バルセロナ滞在中の我が家は、家主に一部屋を借りている個室シェアタイプ。

シャワーやトイレ、キッチンは共同の為、家主も使用しているシャワーです。

 

少しでも早く伝えた方が良い!ということで、初めてスペイン語で電話することに!

家主は超がつく早口・・・笑。伝えられたとしても、絶対聞き取れない・・・苦笑。

それでも、かけるしかない!!

 

仕事中の家主に電話することは気が引けましたが、とにかく電話してみることに・・・

 

「Hola!」

「Hola・・・」

と、挨拶もそこそこに、カタコトスペイン語で状況報告。

「Ahola ducha roto」

全く文章を組み立てることは出来ません・・・

ジェスチャーのチカラって偉大!と頭に浮かびながらも、電話はノージェスチャー。

でも、私の手は動いていました笑・・・

この片言で状況を汲み取ってくれたのか、後3時間で帰るから。

とのこと。でも、今日は今から出かけることになっていて・・・と話すと、

とりあえず、家電にかけ直すとのことで、1度電話が途切れます。

 

本当に家電にかかってくる!?

聞き取れた自信があったものの、やはり不安に・・・

しかも、シャワー壊したのに出かけるとか言って大丈夫か・・・ともう、頭の中はてんやわんやです。

そこへ着信が!!

 

Hola!と不安を抱えて出ると、聞き慣れた家主の声が。

一安心・・・している間はなく、超早口でスペイン語が・・・

 

Sí sí ・・・と合間に相槌を打つものの、理解できた単語は2つ!

「Mandar 」「foto」(少ない・・・苦笑)

おそらく、壊れたシャワーの写真を送ってと言うことだと理解。

そこで、先程の写真を送信することに・・・

 

ここで更なる問題が。

家主とのメールのやり取りは、予約サイトのメッセージを利用していたのですが、

写真の送信方法がわからない。。。

アドレスも知らない・・・

 

アドレスを聞くことから再スタート。スペイン語の文章をまだまだ早く作れない私はメールを作るのにも時間がかかってしまいます・・・

やっとの思いで何とか写真を送信することができました。

 

家主から再度着信!

今、私たちに何かできることはある?と質問。

この時の会話で明確に聞き取れたのは、

写真を送ってくれてありがとう。後3時間で帰るから・・・

このような内容だったと思います。

はっきりと聞き取れなかったものの、写真を送ってくれてありがとうと言ってくれたということは、激怒!!という最悪の事態は免れた・・・?という気持ちに・・・。

口調もいつもの早口でしたが、怒っているという印象はなく、ようやくホッと一安心。

私たち3人も少し落ち着くことができました。(内1名は何もわかっていませんが笑)

 

その時。ガチャっと玄関のドアが・・・

忘れてたーーー!!!もう一つ問題がーーー!!

 

もう1組の同居人に状況を伝える

家主の個室を借りるシェアタイプに滞在中の我が家。

家主と私たちだけだと思い込んで予約したのですが、実は、もう1つ個室が・・・

こちらの個室にも滞在している方がいます。主にツーリストが泊まっており、現在の隣人は2組目。アルゼンチン人のカップルです。

 

帰宅したアルゼンチン人カップルにシャワーのことを伝えなければ・・・

 

私の片言スペイン語で状況報告。

とりあえず、2人を現場に連れて行き・・・

「Cuando ducharse,ducha roto・・・」

「Ahola no puedes usar ducha・・・」

「Lo siento・・・」「○○(家主)sabes roto」

必死で伝えると、

perfecto.perfecto.

と、一言ずつに相槌を打ってくれました。

 

今晩シャワーができないかも・・・と伝えてもperfecto

と、笑顔で返してくれた2人。

本当に優しい・・・

 

シャワーのその後。

状況報告ができ、ひとまず落ち着くことができたので、

置き手紙をして外出することにしました。

ずーん・・・と、気が重いまま帰宅。

家主は夜勤に出たのか、眠っているのか部屋の明かりは消えていましたが、

隣人のアルゼンチン人カップルがリビングで食事中。

 

ひとまず、アルゼンチン人カップルに、

シャワーごめんね。と、話かけると、もう治ったよ!!使えるよ!!

とのこと!!

 

良かったーーーーーー!!

graciasーーーーー!!!

とにかく、一安心することができました。

 

翌朝、家主に会うことなく学校へ行くことになったのですが、

先に家主に会った主人がお礼と、費用のことを聞いてくれました。

シャワーごめんね、ありがとう!と言うと全然大丈夫!

問題ないよ!と。費用を尋ねると、No no no!!お金も大丈夫と。

私からも家主にごめんねとありがとうを伝えました!

 

言葉を全部理解できない・・・ことで、家主との電話で状況を掴むことができませんでした。すぐに直るものか、業者を呼ぶものか。

過去にシャワーが壊れたこともなく、とにかくあたふたでしたが・・・

大事に至らず、本当に良かったです。

 

緊急事態に直面し、なんとか片言スペイン語で乗り切れたことは、小さな自信になりました笑!!

みんなの優しさに感謝です。

ドタバタの7日目。終了!!

 

以上、スペインへの道。

スポンサーリンク