スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

バルセロナ短期滞在の方法!マンスリーアパート・アパートメントホテル・シェア・・・全て調べました!

視野を広げて・・・

f:id:montana2:20170526002810j:plain

スペイン超短期留学。その中でも大きな問題。

バルセロナでの滞在先検討です。

 

当初予定していたマンスリーアパート以外にも、アパートメントホテル、シェア等、

予想以上に範囲を広げて探し、検討する結果となりました。

スペイン語のサイトにまで手を伸ばし検索・・・!!

滞在費を抑える為、本当に必死・・・笑

 

滞在費を抑える為に検討した、滞在先の検討・・・

その全てをお伝えしたいと思います!

 

今回は、様々な滞在先の詳細と、料金の目安をお伝えしようと思います!

 

 

今回、ここまで滞在先の検討が大変だったのは、予算を抑えることに重きを置いていたことと、小さな子ども連れだということが大きな要因だと思います。

通常、大人のみでスペインでの短期滞在を考えられている方は、もう少し楽に決定できると思います!ご安心ください!笑

 

様々な検討方法を模索することになりましたが、約1ヶ月の滞在になる為、この費用を抑えることが今回のスペイン留学の総費用を抑えることに繋がります!

 

宿泊費・滞在費・・・バルセロナは本当に高いです!苦笑

 

 バルセロナでの短期滞在方法

・ホテル

・アパートメントホテル

・マンスリーアパート

・ホステル

・貸しピソ

・シェア

・ホームステイ

・学生寮

今回は、結局上記の8つのタイプを検討。

当初の予定を大幅に上回るリサーチ数を叩き出しました。笑

 

子ども連れということで独立して生活できるマンスリーアパートや、

アパートメントホテルを希望していましたが・・・とにかく高い!!

特にバルセロナ市内中心部となると想像を遥かに超えてきます。苦笑

 

そこでシェアやホームステイを含めて再検討。

この頃から、バルセロナの検索サイトを片っ端から探してるのでは!?と言うくらい色んなサイトに目を通しました。笑

大人のみの滞在でしたら、格安で滞在できると思います!

 

それぞれの滞在方法について、詳細をお伝えします。

 

滞在方法別の特徴と、料金の目安

上記に挙げた滞在方法別の特徴をお伝えします。

各滞在方法別の検索方法やおすすめサイトも後日まとめたいと思います!

ホテル

説明するまでもなく・・・ホテルです笑

キッチンのないところがほとんどです。

バルセロナ市内各所にホテルは多数あるので、ホテルが見つからないということはないと思います。ただし予算に制限がある場合は、早めの予約をおすすめします。

これからのハイシーズンはバルセロナは世界の中でも人気観光地の為、ホテルの予約率が高いです。ホテルの価格設定も高めだと思います。

宿泊先が見つからなければ、1泊5000円程度のホテルに泊まるしかないかな・・・などと考えることもありましたが、時期によるのか5000円のホテルはなかなか見つかりませんでした。数年前の2月に滞在したホテルも、以前より価格設定が高くなっていました。

時期によるものなのか、バルセロナ全体が上がっているのかわかりませんが・・・

1ヶ月滞在するには高い!という印象です。

旅行であれば、10000円前後~の範囲内の価格のホテルも多いです!

 

アパートメントホテル

アパートとホテルの機能を兼ね備えています。

・キッチン付き

・アパートの一室のような部屋タイプ

・数名で宿泊可能

・フロントがありスタッフも在中

・長めの滞在なら早めの予約を!

 

何といってもキッチン付きが有り難いです。

そのうえ、フロントのような受付があり、スタッフが在中。

何か困ったことがあれがすぐに伝えることができるうえ、キッチンがありアパートで生活しているように現地の生活を楽しむことができます。

家族数名や、友人同士数名でも一室の料金で宿泊できるところがほとんど。

数名での利用にも向いています。

 

数泊以上の長め滞在を希望される方は早めの予約をおすすめします!

価格の安いところは、予約で埋まってしまう可能性が高いです。

実際・・・今回の検討で失敗しました。数ヶ月前になんとなくリサーチしていた頃と、本格的に予約しようと検討を始めた頃では、空きが少なくなっているからか、30泊分の価格帯も数万円単位で上がっていました。(安い順に表示される最初の方の価格帯・・・)

 

部屋も綺麗なところが多く、希望していましたが・・・

希望の立地では1ヶ月で安いところでも22万円~でした。

今回はちょっと厳しいですね・・・涙

次回、少し短めの滞在期間であればぜひ利用したいです!!

 

マンスリーアパート

こちらは、普通の貸しピソに近いです。

30泊以上~借りられるところが多いようです。それ以下の滞在でも通常の料金設定で宿泊することが可能なところもあります。

バルセロナのマンスリーアパートは、、、高いです!苦笑

第一候補でしたが、こちらも希望の立地では1ヶ月20万円程が相場のようでした。

 

しかし!まだ諦めるには早いです!!

デポジットや手数料がかかりますが、総額20万円を切るマンスリーアパートもあります。また、個人オーナーによる貸切のピソもある為、探せば価格を抑えることが可能です!!

私たちのように子ども連れでの滞在であれば、独立した生活を確保できる為、マンスリーアパートを良心的な価格で見つけることができれば最適です!

 

マンスリーアパートの検索サイトは多数リサーチしました笑!

後日まとめようと思いますので、興味のある方はしばしお待ちください!笑

 

ホステル

・ドミトリー(相部屋)が主流

・バス・トイレは共用

・1部屋ではなく1ベッドの料金

・個室タイプを選択できるところもある

・共用のキッチン・共用の食事スペースがある

・貴重品用ロッカーが備わっているところもある

・貸しピソ

ホテルとの大きな違いはドミトリーだということです。

ホテルの個室と違い、個人のスペースはベッドのみです。

二段ベッドを使用しているホステルが多く、貴重品ロッカーが備わっているところもあります。価格は1ベッド1000円程度~と安いです。

個室を選択できるホステルもありますが、ドミトリーと比べ料金はぐんと上がります。

それなら、ホテルの予約で良いのでは・・・というくらいです。

ただし、少し長めの滞在であれば、共用キッチンを利用できるのはホテルにはないメリットです。個室の数は多くない為、ホステルの個室を検討している方は早めの予約が良いと思います。

 

また、ホテルと違い宿泊者同士の交流がさかんです。色々な人たちとの交流を楽しめると思います。今回は子ども連れなのでドミトリーは省きましたが、ホステルの個室はリサーチしました!!笑

 

ルームシェア

・1つのピソを複数人で共有し生活する

・各個室と共有スペースがある

・キッチンやトイレ・バスルームは共有が多い

・シェア形態はそれぞれのピソによる

・日本人のみのルームシェアもある

・1泊から対応してくれるところもある

滞在費や家賃を抑えるにはルームシェアがおすすめです。

スペインではルームシェアは一般的な生活スタイルです。

各個室は自分専用スペース、その他は共有スペースとなります。

ピソによっては、専用のトイレ・バスルームがあるところもあります。

また、オーナーと自分たちのみというシェアタイプや、

オーナーと自分たち以外にも複数人でシェアするタイプ。

オーナーの常駐はなしでシェアの住人のみが生活するタイプ。

など、それぞれのピソにより形態は様々です。

基本的には、1部屋につき1名が多いですが、2名以上で滞在できる部屋もあります。私たちのように子ども連れでの滞在は比較的難しいですが、滞在可能なところもあります。

セキュリティやプライバシー等に不安がある場合は、鍵付きの個室を選ぶなど

自分の条件にあった部屋を選ぶことが重要です。

 

日本人オーナーで、日本人のみのルームシェアというピソもあります。

留学したての頃や、旅行での利用など、スペイン語に不安がある場合や外国の方とのシェアに不安がある場合は、日本人のみの部屋という選択も可能です。

 

ルームシェア・ピソの料金は?

・1泊30ユーロ程度から利用できるところもある

・1ヶ月250ユーロ程度から1000ユーロを超えるまで様々

・1ヶ月1名250~600ユーロ程度のところが多い

料金は本当に様々です。

部屋の綺麗さや立地等、条件により大きな幅があります。

また、デポジットや仲介サイトへの手数料等がかかることもあります。

このあたりの料金で総額が大きく変わることもあるので要注意です。

 

ルームシェア・ピソの探し方

既にバルセロナに在住であれば、各種サイトで探し契約することができます。

また、日本在住でもシェアハウスを検索・予約できるサイトもあります。

数泊から予約ができるところ、月単位で予約ができるところなど、

旅行者や、短期滞在でも利用することが可能です。

ただし、バルセロナ在住でないと手続きできないサイトもあります。

また、日本人のみのお部屋をお探しの方は、通常の検索サイトと少し異なる方法で探すことも可能です。

 

今回、実際に多くのシェア検索サイトを利用しました!

日本からの予約が可能なサイトも多いです!

こちらも興味のある方はしばしお待ち頂けると嬉しいです笑。

 

ホームステイ

・現地の一般家庭(ホストファミリー)のお家に滞在

・留学代行会社や語学学校を通しての申し込み

・ホームステイ先のみを探してくれる代行会社もある

・朝食付き・朝夕付き・食事なし等、予約形態も選択できる

一般的には、留学生が語学学校を通してホームステイ先を探すことが多いようです。

また、ホームステイ体験のように、旅行者でもホームステイできるところもあります。

現地での生活に触れることもでき、スペイン語の習得への近道だと思います。

 

バルセロナでのホームステイの場合、ホストファミリーの使用言語に注意が必要です!

バルセロナではカタルーニャ語(カタラン)を話されている家庭も多い為、スペイン語の習得を考えている場合は、スペイン語を話してくれるお家でのホームステイをおすすめします!語学学校からのホームステイであれば、スペイン語で話すお家が条件となっていることも多いようです。語学学校や、代行会社。どの方法で探す場合でも、ホストファミリーの話される言語を確認しておくと安心です。

 

滞在費に食事を含むかどうかは、選択できることが多いです。

ただし、キッチンを利用できない条件になっていることも多い為、

食事なしを選択すると、全て外食となってしまうことも・・・

食事ありで予約し、外食する場合は先にお伝えしておくことも忘れずに・・・

実際に生活することを考えて選択することが重要です。

 

学生寮

・語学学校の学生寮での滞在

・1人部屋や2人部屋を選択できる

・バス・トイレやキッチンは共有の場合が多い

・語学学校から近い

滞在しているのは語学学校の学生です。

どんな人が滞在しているかわからない・・・という心配をする必要がなく

気持ち的には少し安心かなと思います。

※ただし、語学学校によってはエージェントを通して部屋を紹介・・・ということもあるようです。この場合、語学学校の学生のみということにはならないようです。

 

ファミリータイプの学生寮や、語学学校の学生のみの学生寮など、

いくつかのタイプから選択することができる学校もあります。

食事あり・なしの選択可能なところも多いです。

 

長期留学であれば、初めのうちは学生寮で生活し、慣れてくればルームシェアへ・・・という方法もあります。現地に滞在後、自分に合ったタイプの滞在方法を選択するのも良い方法です。

 

学生寮の費用は?

食事の有り無しに関わらず、語学学校により料金設定は様々です。

あくまで個人の感想ですが、学費の高い学校は、学生寮の価格設定も高い印象があります。

ルームシェアでの滞在の方が、滞在費を安く抑えることができると思います。

 

バルセロナ短期滞在のまとめ

・滞在方法はいくつもの選択肢がある

・自分の予算や希望条件に合うところを選択することが重要

・いくつもの検索方法がある

・1泊~月単位まで探せる

語学留学や旅行・出張等、滞在理由や滞在日程により、様々な選択肢の中から、自分の条件に合うところを選ぶことが重要です。

また、バルセロナは近年観光客が本当に増えているようです。さすが、世界有数の観光都市!!

渡航予定が決まれば、すぐに滞在先を検討してほしいと思います。やはり、安くて良いところはすぐに予約で埋まってしまいます。

 

今回色々とリサーチするまでは、旅行ならホテル!と他の選択肢を考えたこともなかったですが、ホテル以外の選択肢も良いなと感じました。

現地での生活に触れるような選択肢も魅力的です。

 

いくつもの選択肢の中から、希望の滞在先を見つけてくださいね。

 

以上、スペインへの道。

 

スポンサーリンク