スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

ANA国際線特典航空券のあれこれ。複数都市滞在・乗り換え?途中降機?オープンジョーを利用して旅程の幅を広げる!!

悩むところすら分からないところからのスタート

f:id:montana2:20170330231810j:plain

今回のスペインへの道。

ANAのマイルを貯め、初めて特典航空券を取得しました!!

 

予定では・・・マイルが貯まったと同時に航空券を取得して安心したい!

そう思い、余念なく準備してきたつもりでした。

 

が・・・

そう上手くはいかないものですね。苦笑

結局。あれこれ悩んでいるうちに、第一希望だった便は空きがなくなってしまいました。涙

 

マイルが貯まるまでの努力の道のりは後日まとめるとして・・・笑、

初めてのANA国際線特典航空券の予約、発券までのことを数回に渡って詳しくお伝えしたいと思います。

複数都市滞在や子ども連れで検討されている方は、ぜひ一読してみてくださいね。

 

今回、複数都市滞在を予定しており、特典航空券予約時に悩んだことが山のようにあります。笑

その都度、ANAへ問い合わせ、教えて頂きました・・・

何度も何度も申し訳ない気持ちでいっぱいです。苦笑

 

こんな状態で、悩んだことを一つずつ解決し今回の路線決定となりました。

その詳細をお伝えしますね。

 

まず、、悩んだこと・・・

・複数都市滞在の乗り換え・途中降機の規定がよくわからない

・経路に含まれていた希望の便の表示が急になくなった(キャンセル待ち表示もない)

・一人分のみキャンセル待ちができるのか?

・子ども(幼児運賃)連れでの特典航空券予約はネットで可能?

 

箇条書きにすると4つですが・・・

この悩みに到達するまでにも小さなことで何回も悩んでいます。笑

 

ANA国際線特典航空券 乗り換え・途中降機の規定回数について

・乗り換え・途中降機の違いは?

・それぞれ何回可能?

今回の旅程を組むにあたり、まず、乗り換えや途中降機なる言葉とぶつかることに・・・

乗り換え自体の意味はわかるのですが、途中降機との違いは?と聞かれると・・・

答えられない状態でした。

 

まずはそこから勉強です。笑

下記に記載の引用文はANA公式サイトのものです。

特典航空券の説明ページに記載されています。

このページを見て、なるほど!と、一度で理解できた方!!

かなり旅慣れていますね!笑

 

途中降機・乗り換え

途中降機(24時間を超える滞在)
日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。
乗り換え
日本国内で往路・復路各2回まで可能です。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能です。
  • ※目的地は乗り換えの回数に含みません。
  • ※地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗り換えと数えます。
  • ※途中降機は乗り継ぎ回数に含まれます。

    (引用:ANA公式サイト)

 

ANA国際線特典航空券 乗り換えと途中降機の違いは?

乗り換え:24時間以内の滞在

途中降機:24時間を超える滞在

乗り換え

経由地点での24時間以内の滞在のことを言います。

例えば、23時に空港に到着し、翌朝10時の便で出発!

この場合は、24時間以内の滞在になる為、乗り換えと考えます。

日にちをまたいでいても、宿泊を伴う滞在でも問題ありません。

あくまで24時間です。ただし、経由地により入国する際(空港から出る場合)に、ビザが必要な場合もあります。出発前に確認してくださいね。

 

途中降機

・24時間を超える滞在

・ストップオーバーとも言う

基本的には、目的地へ向かう途中の乗り継ぎ地での24時間を超える滞在のことです。

ストップオーバーという言葉をお聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか。

私は初めての海外旅行の際に、この方法を聞きましたが、いまいちよくわかっていませんでした。今回、特典航空券を取得するにあたり、ようやく理解ができました。笑

 

乗り換えと途中降機の意味がわかったところで・・・

 

ANA国際特典航空券で複数都市滞在 乗り換え・途中降機の回数は?

・途中降機:往路・復路どちらかで目的地以外に1回

・乗り換え:日本国内で往路・復路各2回、海外で往路・復路各2回

出発地と目的地以外に、もう一箇所で24時間以上の滞在(途中降機)ができるということです。

複数都市滞在を考えている場合、特典の範囲内で途中降機できると本当に有り難いですよね。

さらに、乗り換え時間の長いものを選択すれば(検索結果に出る場合のみですが)

最大24時間以内でその他の地点にも滞在することができます。

上手く組み合わせれば、移動費を抑えて複数箇所観光が出来ます。

 

私のような飛行機初心者にとっては、感動的な航空券です!笑

 

地上移動区間!?これは複数都市滞在の航空券を攻略する秘訣

・地上移動区間とは特典航空券の経路に含まない移動

・途中降機後の出発地点が、前回の目的地と違う場所も選択可能

・オープンジョー

地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗り換えと数えます。(引用:ANA公式サイト)

上記の引用文が問題の一文です。笑

一度で理解できる方は本当にすごいです。笑

 

私は何度読んでもあまりわかりませんでした。

希望の経路で検索した結果。そういうことか。と、ようやく理解できました。

 

調べていて知ったのですが、このようなことをオープンジョーと言うんですね。

現地到着空港と現地出発空港が異なるルートのことです。

 

例えば・・・

フランクフルト空港でストップオーバーし、ドイツ国内を電車等で自費で移動。

その後、ミュンヘン空港から再出発。

この経路であれば、ドイツ国内での移動がカウントされません。

フランクフルト空港とミュンヘン空港を合わせて一つの乗り換えと考えます。

その為、他の地点を一つ増やして経路を組むことが可能になります。

 

今回はドイツ経由でスペインへ行きたいと考えています。

このオープンジョーにより異なる空港を利用できることで、

さらにスペインで2都市に滞在することが可能になりました。

自費移動の出費はかかりますが・・・笑

 

ただし、この途中降機は乗り換えの1回としてカウントされます。

この点にはご注意してくださいね。

スペインへの直行便は限られており、(一時なくなっていましたが、今は復活しています!ただしJAL!!)ANAマイルでの特典航空券の場合、日本とスペインの区間では必ず乗り換えが1回発生します。もったいないです・・・泣。複数都市に滞在したい場合、この乗り換え区間も上手く利用して旅程を組むことが出来れば、ベストですね。

 

ANA特典航空券・複数都市滞在の旅程・まとめ

・取得可能な経路かどうかは、滞在都市数で決まるわけではない

・乗り換えと途中降機の違いを理解する

・オープンジョーを上手く利用する

・ANAの特典航空券検索画面で取得可能な経路か調べることができる

・スペインへ行く場合、滞在したい都市で乗り換えられる経路が最適

当初旅程を計画し始めた時は、何都市までなら滞在できるのかな?と言う風に、滞在都市数で考えていました。問い合わせた際もオペレーターの方の言うことがイマイチ理解できず・・・お手間を取らせてしまいました苦笑。

 

特典航空券での複数都市滞在は、乗り換えと途中降機の回数で決まります。

さらに、自力で地上を移動しオープンジョーを利用すれば旅程の幅がグンと広がります!

夢がありますよね・・・笑!!

 

私も今回、かなり時間を費やして検討しました!

この経路はいけるのかな?ということがわかりにくかったので、何度も特典航空券の検索画面で旅程を当てはめ検索。

(ANAのHPでANAマイレージクラブへ進んでいくと下記の画面で検索できます!)

f:id:montana2:20170330233454j:plain

往路共に目的地や日付を入力し、表示される検索結果の中から希望の便を選択します。

全ての便を選択したところで、取得可能な経路かどうかがわかります。

取得可能であれば詳細入力に進み、取得可能でなければその旨が表示されます。

 

行けるのかどうかわからない場合は、とにかく検索画面で当てはめてみてください笑!

可能性が広がるかもしれません!

希望する滞在都市の空港だけでなく、近くの都市の空港で検索したり、

滞在したい都市の順番を入れ替えてみたり・・・

何パターンも検索していると、あれ!こっちなら行ける!ということも何度か・・・!!

旅程の幅を広げてベストな経路を探してくださいね。

また、ANAの特典航空券でスペインへ行く場合は、必ず乗り換えが1回は発生します。

この乗り換え地を上手く利用し、ベストな旅程が組めると良いですね。

 

乗り換えと途中降機以外にも、まだまだ悩んだことが山のようにある為・・・笑、

キャンセル待ちや子連れでの航空券取得について、後日さらに詳しくお伝えしたいと思います!

 

以上、スペインへの道。

 

スポンサーリンク