読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

どうなってるんだスペイン語検定!!合否結果が届いた!鍵は日本語訳!?

西から日が出る。

f:id:montana2:20161213170031j:plain

有り得ないことが起きました。

本日、スペイン語検定の結果が届いたのですが、

見覚えのある緑の封筒。

 

どうなってるんだスペイン語検定!!!!!!

 

今回のスペイン語検定の結果をうけて採点について。

色々と考察してみようと思います。

 

 

スペイン語検定4級の合否結果。合格通知について

f:id:montana2:20161213155132j:plain

こちらが、今回届いた合格通知。

 

今までの日程的にそろそろかな・・・と思い、

ポストを見に行くと、緑色の封筒が!!

 

謙遜。そんな気持ちは一切なく、

今回は間違いなく小さい封筒だろう・・・と思っていました。

それでも現実を受け止めてこの日記に載せよう!

とポストへ向かいました。

そこで。ポストからはみ出ている緑色の封筒に、ポカーン。

 

緑の封筒を手にしても、不合格通知の様式が変わったのかな?

と考えていました。

驚きのあまりかなり慌てていて、封筒の切り口もガタガタに・・・笑

(写真でもわかります。笑)

 

中には、4級の合格通知が同封されていました!

名前も入念に確認。私の名前でした。

 

ですが、喜びよりもただただ驚き。

こんなレベルで4級合格を名乗って良いのか、複雑な気持ちです。

 

スペイン語検定4級。合格通知の中身。

f:id:montana2:20161213155807j:plain

こちらが、4級合格通知の中身です。

 

ん??

いつもより、中身が多い!!

 

合格証書の裏にひっそりと紛れていました。

f:id:montana2:20161213155946j:plain

実務翻訳士の研修の案内。

これって3級合格してからじゃなかったかな・・・

と、思いながら、いつもと違う用紙にソワソワ。

 

ひとまず、今回は、この用紙については置いておきます。笑

 

次回のスペイン語検定の案内も同封されています。

2017年度のスペイン語検定の日程が記載されていました。

この盛り沢山な内容については、また後日お伝えしますね。

 

5級の合格通知の中身はこちら。

iraespana.hatenablog.com

まずは、今回のこの結果について、落ち着いて考えてみようと思います。

 

どうなってるんだスペイン語検定!採点について考察する

 ・鍵は日本語訳の問題

 ・選択問題で勘が当たった

 

おそらく、この2点が合格に繋がったのだと思います。

 

4級の試験問題と受験時の様子についてはこちらを・・・

iraespana.hatenablog.com

↑↑

この日記を読んで頂ければおわかりかもしれませんが、

ほとんど問題文を覚えていないくらい、試験中焦っていました。

パニックという表現がピッタリです。

 

問1はおそらく答えることができました。

問2も、理解したうえで答えを記入できましたが、

とても簡単な問題を間違えました。

(leerの命令形)

問3は、パニックに陥っていました。

問4は、理解して選択できたものは一つだったと思います。

残りは何となく見たことあるもの、全くわからないものでした。

問5は、きちんと全文を訳せたものが一つあるかないか・・・くらいでした。

問6のリスニング問題は、聞いたことのある文章も出て、

理解して選択できたものが多かったです。

 

これを踏まえて考察すると・・・

 

日本語訳の問題は、部分的な点数をもらえる!!

日本語訳にする問題では、各問題の重要だろうな・・・

と思われる単語や熟語を訳すことができませんでした。

 

しかし、何となく変な日本語でしたが全部記入していました。

一文全てをしっかりと訳せたものはほぼ無いと思います。

その為、採点方法によれば悲惨な点数だろうな~と

それはそれは他人事のように考えることで切り替えていました。笑

 

このことから・・・

日本語訳では部分的な点数をつけてもらえていると思います。

アナログ方式の採点が、今回の合格に繋がったのだと感じます。

 

ということは・・・

今後、スペイン語検定を受験される方は、

わからない単語があり、日本語訳を上手くまとめることができなくても

記入してください!!!!!

 

その部分点を積み重ねれば、

今回のように合格に繋がることがあるかもしれません。

 

私が今回記入した答えは、日本語の文章としても少し変だな・・・

と感じるような文もありました。

どちらかというと直訳よりの文章です。

しかも知らない単語を省いたり、間違った訳になっていたり・・・

でも、書かないよりは、書くべき!!ということが分かりました。

 

ただし!!

この考察はあくまでも受験者の単なる考察ですので、

実際の採点方法と違っているかもしれません。

その点はご了承お願いします…

 

でも、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

以上、スペインへの道。

 

スポンサーリンク