スペインへの道

スペインへ行きたい! スペイン語を話したい!! この気持ちを実現する為、その道のりを日々、日記に綴りたいと思います。

独学でスペイン語を始める!オススメの参考書。選び方のポイント。

独学でスペイン語を始める

友人に教えてもらい購入した参考書がこちら!!!

 友人はスペイン在住ですが、この参考書でスペイン語に取り組んだそうです。

f:id:montana2:20160326122524j:plain

ベレ出版 しっかり学ぶスペイン語

 

ゼロからのスタートだった為、

本当にどこから手をつければ良いかわかりませんでした。

 

この参考書は、アルファベット・発音・音節・アクセント等、

初歩の初歩から解説してくれています。

私のように本当に初めて取り組む人でもわかりやすいと思います。

 

さらに、スペイン語で難しいと言われている動詞の活用。

これも使用頻度の高い動詞を詳しく解説してくれています。

 

 

しっかり学ぶスペイン語の内容

第一章:基礎

第二章:初級

第三章:中級

第四章:上級

四つの章に分かれています。

 

それぞれの章では

・基本例文

・文法・用例・覚えておきたいこと

・Vamos a practicar (練習問題)

この構成で第○課と言う風に進んでいきます。

進めていくと、まとめてExamenという練習問題のコーナーがあります。

 

・Vamos a practicar と、まとめてExamenの練習問題の解答は後ろのページにまとめてあります。

・スペイン語の単語集として、

この参考書で使用頻度の高い原則一単語のものも後ろにまとめて記載されています。

初めての単語に出会うと、後ろの単語集で意味を調べることができます。

 

・付属のCD

全ての章の例文が、正確な発音で収録されています。

最後の方にリスニング問題も収録されている為、

CDを聞いて問題に取り組むことができます。

スペイン語検定では級が進むとリスニング問題があります。

 

スペイン語に取り組んでみて

私がスペイン語を初めて思ったことは、取り掛かりやすい!!!

 

なぜなら、スペイン語の単語はほとんどアルファベット読みができるからです。

私は学生時代の英語に苦手意識を持っていました。

単語をスラスラ読むことができなかったからです。

発音記号も読めずでした汗汗

 

こんな私でもスペイン語はアルファベット読みで読める為、

頭の中に入ってきやすい気がします。

このしっかり学ぶスペイン語は、スペイン語検定6級は問題なく合格できる内容です。

 

スペイン語の参考書選びで1番重要なポイント

カタカナのフリガナがないもの

人それぞれ合う合わないがある参考書ですが、

スペイン語の参考書を選ぶにあたり

私が重要視してほしいと思う最大のポイントはこれに尽きます!

 

スペイン語入門レベルの参考書では、

カタカナのフリガナ付きのものが本当に多いです。涙

 

本当に重要です。

アルファベット読みができる為、フリガナがふっていなくても大丈夫!

問題ありません。

カタカナで覚えてしまうと、後々スペイン語を発音する時に不利になります。

 

スペイン語の参考書選びに迷っている方の、ヒントになれば嬉しいです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

しっかり学ぶスペイン語 [ 桜庭雅子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)

 

以上、スペインへの道!

 

スポンサーリンク